20代の女性が結婚相談所を利用する場合にしておきたい仕組みや費用などを説明しています

気にしておきたいその仕組み

相談

20代女性でも結婚したいのに出会いがない場合には、そのまま漠然と毎日過ごすよりも積極的に行動した方がよいです。そこで、結婚相談所に登録するのも一つの方法と言えるでしょう。結婚相談所に登録する前に、ぜひ理解しておきたいのがその仕組みになります。まず、結婚相談所に加入するときには、最初入会金を支払うところが多いです。入会金は、仮に相手が見つからなかったとしても戻ってくることはあまりありません。その後、プロフィールなどを登録し相手からは返事を待つことになるでしょう。そして、良い相手がいたならば、積極的にメールをすることで相手とつながることが可能です。その後、相手が承諾すればお見合いなどができるようになります。毎月の費用もかかる仕組みですが、相談所によって異なるもののおおむね1万円から2万円ぐらいになるでしょう。

気になる費用はどれぐらいか

プロポーズ

これから20代の女性が結婚相談所を利用するならば、その最大の関心ごとの一つが結婚相談所に支払う費用になります。基本的に、どの結婚相談所でも女性よりも男性の方が支払い金額が多くなるため、女性の負担自体はそれほど多くない傾向があります。ただ、結婚相談所といっても様々な種類があり、いわゆるハイレベルな男性ばかりを集めたところは、入会するのにもそれなりのお金が必要です。月期の費用に関しては、インターネットのみで行っている場合には5000円未満になっていることもありますが、アドバイザーや仲人などがしっかり付いており、十分にサポートしてくれるような結婚相談所の場合には1万円ぐらいのお金を支払うことになります。結婚が決まった時の成婚料は、基本的に女性が支払うことはあまりありません。

評判を調べるときの注意点

ハート

結婚相談所を選びたいならば、ぜひその評判を事前に確認しておく必要があります。20代の女性ならば、わざわざ40代の男性は50代の男性を選ぶよりも、自分と年齢の近い20代から30代前半ぐらいの男性を選びたがる人が多い傾向になります。そこで、結婚相談所の口コミや評判などを見ていきどれぐらいの年齢の男性が多く参加しているかを確認することです。20代から30代が多いところもある一方で、40代から50代が多い結婚相談所もあります。後者の場合には、初婚の人よりも離婚歴のある人や死別してしまった人が登録しているケースが多くなります。この点をよく調べておけば、選び方で失敗することはありませんので、十分にリサーチしてから加入しましょう。それ以外では、アドバイザーや仲人がどの程度サポートしてくれるかなども重要になります。特に、自分から異性に対して話しかけることが苦手な人は、サポート体制が重要です。